思い出リレーリモート応援で絆を強く 指導者・生徒・保護者ワンチームになれた秘訣

Posted by

#みんなの使い方
#ライブ配信 #チームワーク
#オンライントレーニング #リモート応援

みなさま、こんにちは!
BAND運営部です!

最近、対面活動ができなくなったり、イベントや試合は無観客・人数制限での開催になったりすることが多くなりましたね。みんなでワイワイしながら思い出を作り、絆を深めることができず寂しいですね…😥

このような状況の中、画像や動画を撮って日々の日常を共有したり、またはライブ配信を活用したりなど、体は離れていても気持ちは離れないようにする方法を工夫する方々も多いかと思います。

そこで今日は静岡県で中学生を中心に活動しているバレーボールクラブ『藤枝リアン』の鈴木代表のお話を紹介します。

チーム名の『リアン(Lien)』はフランス語で「絆」「人との繋がり」を意味すると紹介してくださった鈴木代表。その名の通り、普段からチームの絆を大切にしているため、活動中止でみんなに会えなくなった時には、メンバーの絆を保つためにBANDを積極活用されたようです。
(ちなみに『BAND』も英語で「繋がり」を意味します🥰)

コロナ禍にも負けない強い絆のチームが作れた秘訣、最後までご確認ください!

ー去年、BANDを導入される際に一番期待したことは何ですか?

そうですね。BANDは去年、緊急事態宣言により活動を中止せざるを得なかった時期から使い始めました。活動中止になって、練習ができない点も心配だったのですが、実はメンバーたちの絆が弱くなることが一番心配でした。団体競技なので、チームワークやメンバー間の絆も大事なポイントだからです。

離れていてもチームワークを保つ方法がないかと悩んでいたところ出会ったのがBANDでした。画像や動画の共有も簡単ですし、グループだけの掲示板があることから、メンバー同士で自由に会話できる環境を作れると思いまして、導入を決定しました。

今は活動が開始されましたので、練習日程やお知らせの共有にもBANDを活用して行っています。以前は日程をプリントして配っていましたが、今はBANDのカレンダーに登録するだけで、手間が減りました。

ーチームワークを保つために、具体的にどのような活動を行いましたか?

Bandグループではどんどん色々な企画を試してみましたが、保護者も生徒たちも乗ってくれましたね(笑)

例えば、グループ内で「苦手なものにチャレンジ」というチャレンジが始まって、ピーマンが苦手な生徒がピーマンを食べる動画を投稿したり、虫が苦手な生徒が虫を触る動画を投稿したり、自分が苦手なものにガンガンとチャレンジする動画を共有してくれて、とても楽しかったです。

また「あの頃君は若かった」というリレー企画もしましたね。生徒たちの小さい時の写真だったり、保護者さんの若い時の写真だったりを掲示板に共有する企画でした。他にも、投稿の最後にはみんなの合言葉として「コロナに負けるな!」などを付けたりなど、みんなの士気を高めるためのようなこともしましたね。

このように、メンバーが自分の話をみんなと語り合い、お互いをもっと理解できるきっかけとなり、グループの絆を保つことができたと思います。さらに、指導者としては生徒たちの意外な側面が発見できたことがとても良かったと思います。普段の練習ではお互いに指導と練習に集中するので、生徒一人ひとりと日常的な話をすることは難しい点もあります。しかしBandグループに生徒たちがアップロードした動画や投稿を通じて「この子、こんな性格だったんだ!」「こんな面もあったよね!」と、新たな面が分かるようになりましたね。

ー最近は練習やトレーニングの際にもBANDを活用されているとお聞きしていますが、具体的にどのように活用されていますか?

活動中止期間中には私がトレーニング動画を撮ってグループに共有すると、それを生徒たちが見てトレーニングをする形で行いました。最初は主に私からの発信でしたが、どんどん生徒たちが自分なりに考えたトレーニング動画を撮って共有して、それをみんなで一緒にすることまでできるようになりました。

最近はライブ配信も積極的に活用しています。日々の練習から試合に至るまで、チームの活動のすべてにおいて大活躍で、月10回以上は使っていると思います。以前もカメラで動画はたまに撮ってはいましたが、それをパソコンに移して、編集して、DVDを制作するなど、大変手間のかかる作業でした。このような一連の作業に時間がかかるので、生徒たちが動画を見るまでは撮影した日から最短でも5日くらいはかかりましたね。

しかし、BANDのライブ配信は配信終了後にそのまま掲示板に共有したり、端末に保存したりができるので、とても簡単ですね。さらに活動日に撮った動画をその日にすぐに確認できるので、生徒たちがまだ自分のプレーを覚えている中に復習できるようになりました。

ーライブ配信が教材にもなってくれているのですね!ライブ配信を実施されてから一番変わった点は何ですか?

まず、生徒たちの成長にも繋がっていますね。
当クラブでは活動後、自分やチームのプレーについて文章化する振り返りシートを活用していますが、ライブ配信を実施してからは生徒たちが掲示板に投稿されたライブ配信の動画を見て客観的にシートを書くことができるようになって、振り返りの質も上がったと思います。

それに「撮られている」ことを生徒たちが意識するようになった点もいいかもしれませんね。動画という形で自分のプレーが全部記録されるようになったので、練習や試合でより集中するようになったと思います(笑)

また、保護者の方々の満足度も高いです。
コロナ禍により、殆どの試合が無観客、または入場人数の制限を行っているため、保護者が試合を見に行きたくても行けないことが多くなりました。でもライブ配信で試合を中継しているので、試合場に来れなくてもお家でBANDのライブを見ればOKですし、祖父母のみなさまも孫の活躍を見ることができて喜ばれているそうです(笑)

試合だけではなく普段の練習についても、お仕事で練習を見に来れない保護者の場合、後から練習の様子を確認することができて嬉しいと言ってくださる方もいらっしゃいましたね。

ーBANDを大変有効に活用してくださって、とても嬉しいです!コロナ禍の中、色々と大変な点もあると思いますが、チームとしてのこれからの目標について聞かせてください。

去年はコロナ禍でほぼすべての試合がなくなっていました。去年の場合、当クラブの生徒たちも全国でも活躍できるくらいのレベルだったので、試合に出れないということはとても悔しかったですね。でも当時の主力メンバーたちはバレーボールの強豪高校に進学するなど、今後より活躍できると思いますので期待しています。

今年は安全を守りながら、できるだけ活動を続けるために頑張っています。Bandグループというチームだけの空間ができたので、思い出もたくさん記録していくつもりです。卒業したOBたちもBandグループを通じて後輩の活躍が見れるし、OBたちの活躍も現役の生徒たちに伝えやすくなったので、お互いに刺激しつつ頑張れるといいな、と思います。

—————-

🎥みなさんもライブ配信、試してみませんか?
▼ライブ配信の使い方
https://band.us/band/62427365/post/244
▼ライブ配信でみんなでリモート応援
https://band.us/band/62427365/post/344
▼ライブ配信でメンバーの視聴状況を確認する方法
https://band.us/band/62427365/post/252