[大雨注意報]日常も野球もしっかり守る!自主練動画に時間割大賞の工夫とは?

Posted by

#みんなの使い方#リーダー向け
#インタビュー#野球#スポーツ少年団

こんにちは、BAND運営部です!
本日は神奈川県横浜市で活動している少年野球チーム・師岡ベアーズのインタビューをご紹介します!

インタビューにご協力いただいた伊藤監督は
「子供達の夢や野球を支えるために、BANDは必要不可欠です。」
とおっしゃるほど、2017年からBANDをフル活用していただいています。

自己管理ができる大人になれるように、そして子どもたちの日常を守るためにさまざまな工夫をされている師岡ベアーズの取り組みを是非ご覧ください♩

*************

Q1.2017年からBANDをご利用いただいていますが、現在どのようなチームでBANDをご利用中ですか?

– 神奈川県横浜市の師岡ベアーズという野球チームでBandを利用しています。
チームの運営には、私の息子がこのチームに所属していた頃から携わっているので、14年前から参加しています。

師岡ベアーズは1975年に創立したスポーツ少年団で、毎週末の練習を基本として活動しています。
野球だけでなく、子供達の成長に繋がるように野球を通して人としての所作を学んでいます。

Q2.以前はかなりチームの環境で悩まれる面もあったようですが、現在の師岡ベアーズに至るまでで変革をされて変わったことはありますか?

– 正直なところ、16年前にチームに入った当初は部員が9人しかいないチームで、会則さえも無い問題の多いチームでした。

具体的な問題として「試合がいつあるかわからない」といった予定がわからないストレスが強くありました。なので、連絡をしっかりと伝わらせることがまず第一歩だと思いました。

なので、当時は連絡網を作って、監督から連絡事項を伝えてもらって、それを保護者に伝えるという仕組み作りから始めて、連絡の効率を上げ無駄のないようにしっかりと伝達をするようにしました。その仕組みを今もBANDを使って漏れのない、連絡システムを構築できました。

私自身がBANDは「スーパークラウド」だと思っていて、BANDはチームに関する情報をまとめられるだけでなく、複数ある機能を駆使して実際に保護者の連絡の負担も減ったり、チームワークを深めるためのコミュニケーションを自由にできるので非常に雰囲気がよくなりました。

Q3.「BANDはスーパークラウド」とのお言葉ありがとうございます!チームでは具体的にどのような機能を使って連絡をされていますか?

– まず掲示板では「大事な連絡専用」という感じで、無駄な投稿をできるだけ減らして大事な投稿だけを流しています。
もちろん全てハッシュタグを使って管理しているので、タグに関連する情報をクリックするだけで投稿を振り返ることもできるので、アーカイブがしっかりとできています。

▼ハッシュタグに関する使い方はこちらもチェック
https://band.us/band/62427365/post/340

また細かい連絡はトークを使って役職ごとに話し合っています。
運営陣はグラウンドと選手をつなぐ役割として非常に大切なポジションなので、リアルタイムで細かい連絡をしながら連携をとらなければなりません。
コーチスタッフの参加不参加はあえてトークで確認しているんですけど、全員が忘れずに記入できるようにトークの通知で記入漏れを防止しています。

Q4.すごい面白いですね!昨今のコロナ禍を通してモチベーションやチームワークを維持することが難しいと思いますが、何か工夫されていますか?

– コロナ禍では特に#コロナ自粛というタグを作成して毎日全員がベアーズでのつながりを忘れないように、情報を発信したり、月曜日にはテーマを決めて#走ること #投げること などのテーマに沿って全員が自主練動画を共有していました。
普段から野球の練習を習慣づけてほしいという気持ちを込めて、オンラインの生活になる中で、誰かがあげると「自分も自主練してアップしよう!」「サボらずに頑張ろう!」というモチベーションに繋がるので、みんなが積極的に確認してくれています。

そしてもうひとつは「時間割大賞」を実施しました。一斉休校になった際に、生活習慣が乱れると思い、コロナ禍でも子どもたちが日常を維持できるように一日のスケジュールを自由に書いてもらい、アルバムにアップしました。
やはり子どものころの習慣というのは大切ですし、野球ももちろんですが、自己管理ができる人間になってほしいという思いからこの企画を考えました。
大人顔負けの時間割もたくさんありましたよ😂

▼アルバムの使い方はこちらをチェック
https://band.us/band/62427365/post/208

最後に、これはコロナ前からやっていたのですが、アルバムの企画のひとつなのですが、夢マップを作成し「いいね大賞」を決める企画もしました。
夢マップとはチーム全員が夢や目標をマップにして絵を書いてそれをBANDのアルバムに全員分載せて保護者の中で「いいね投票」をしました。

最近の子供達は目標や夢が無いということを実感するので、もっともっと人生に希望を持って成長してほしいという気持ちを込めて企画を始めたところ、保護者の反応もよく、コミュニケーションが盛んになりました。

————————————
ありがとうございました!

子どもたちの日常を守るために、さまざまな工夫が見えるインタビューでした。
BANDではさまざまな機能を利用して頑張る少年・少女を応援するためにチームの工夫がみられます!

「ライブ配信を使って子どもたちの様子を生中継しています」
「撮影した動画を使って家で自主練や復習をしています」
「会わなくても大事なファイル共有やビデオ会議で解決しています」

といった声も多くいただいているので、みなさまもグループに合った機能を使ってみてください♩

▼ ライブ配信でリモート講義も!
オンライントレーニングの活用法
https://band.us/band/62427365/post/256

▼これから梅雨の季節…雨の日や猛暑対策にも使える!
ライブ配信でレッツ!オンライン運動
https://band.us/band/62427365/post/241

▼オンライン練習のベテランチーム!
BAND導入後の変化とは?
https://band.us/band/62427365/post/345