【師岡ベアーズ】チーム運営の改革としてスーパークラウドBANDを利用しました。

Posted by
Q1.チームについて教えてください。

神奈川県横浜市の師岡ベアーズです。 私は息子がこのチームに所属していた頃から携わっているので、14年前から参加しています。 チーム自体は1975年に創立したスポーツ少年団で、毎週末の練習を基本として活動しています。 野球だけでなく、子供達の成長に繋がるように野球を通して人としての所作を学んでいます。

Q2.チーム運営で心がけていることはありますか?

正直なところ、チームに入った当初は部員が9人しかいないチームで、会則さえも無い問題の多いチームでした。 チームの士気も低い上に、人数が少ないので休むと怒られて、コーチ陣もお酒を飲みながら…タバコを吸いながら…なんていうのは日常茶飯事で(14年前)、その状況を変えたくて運営に携わるようになりました。

Q3.具体的にチームの変革で気を付けた点はありますか?

具体的な問題として「試合がいつあるかわからない」といった予定がわからないストレスが強くありました。なので、連絡をしっかりと伝わらせることがまず第一歩だと思いました。

当時は連絡網を作って、監督から連絡事項を伝えてもらって、それを保護者に伝えるという仕組み作りから始めて、保護者の方々もやる気が高まってチームに関心を持つようになってくれました。今も連絡に関する決まりは厳重に守っています。

Q4.伊藤監督がBANDを導入した理由はありますか?

もともとBANDは2017年頃から個人的に知っていて、当時は少年団では使っていませんでした。 前述した問題もあったので、まず連絡の仕組みを作り、チームの役割を明確にしたことによって、「管理をする」ことに対するモチベーションが保護者の中でも上がってくれたので、そんなみなさんの負担を減らすためにもBANDで楽にできるように導入しました。

BANDはまさにスーパークラウドだと思っていて、実際に保護者の連絡の負担も減り、自由度がとても上がりましたね。

Q5.BANDをどのようにご利用されていますか?

掲示板は「大事な連絡専用」という感じで、無駄な投稿をできるだけ減らして大事な投稿だけを流しています。もちろん全てハッシュタグを使って管理しています。 細かい連絡はトークを使って役職ごとに話し合っています。運営陣はグラウンドと選手をつなぐ役割として非常に大切なポジションなので、トークもフル活用しています。

練習の出欠はあえてトークで確認しているんですけど、全員が忘れずに記入できるようにトークの通知で記入漏れを防止しています。

Q6.ズバリ!師岡ベアーズならではの使い方はありますか?

最近取り組んでいることが2つあります。 1つ目は自主練動画の共有です。 普段から野球を習慣づけてほしいという気持ちを込めて、家でもできる自主練動画を共有しよう!という試みを始めました。誰かがあげると「自分も自主練してアップしよう!」というモチベーションに繋がるので、みんなが積極的に確認してくれています。

2つ目は夢マップです。 最近の子供達は目標や夢が無いということを実感するので、もっともっと人生に希望を持って成長してほしいという気持ちを込めて「夢マップ」を始めました。夢マップでは全員が夢や目標をマップにして絵を書いてそれをBANDのアルバムに全員分載せて保護者の中で「いいね投票」をしました。 少年団での一面しか知らなかった子も「意外とこんな夢があるんだ!」という新たな発見になりましたね。

師岡ベアーズホームページ:
https://sites.google.com/site/shigangbeazu/home