【インタビュー】 Happy Halloween🎃英語教室での使い方

Posted by

こんにちはBAND運営部です!
本日は自宅で英会話教室を運営されている
Kelly先生にインタビューをさせていただきました👩‍🏫

何事にも熱心できめ細かく取り組まれているKelly先生☘
英会話教室の人気の秘密を教えていただきました☆

Q1.BANDを使っているグループのご紹介をお願いします。

自宅で子供向けの英会話教室を開講し、英語の楽しさを教えています。
教室は2歳から中学生まで60人ほど在籍していて、学年、レベル別でクラスを分けています。
クラスごとに保護者の方々との連絡用でBANDを使っているのですが、今では導入して3年ほど経ちました。

Q2.先生がBANDを導入されたきっかけはありますか?

6年前に英会話教室を立ち上げてから、教室が安定するまでバタバタな毎日で、子供達の様子を共有する時間はありませんでした。
最初はLINEのグループ機能を使って教室全体の連絡事項を送信していましたが、数か月先のイベントについて早めに送信すると、イベント日の直前に保護者の方から「どこに書いてあったか探すのが大変で、みつかりません…」と言われることも多くあり、新しいツールを探しました。
BANDは大事な情報が流れていかず、多機能なところが魅力的で、導入したと同時にだんだん教室運営にも余裕が生まれてきたので、積極的に授業の様子を共有するようになりました。

Q3. やはり英語の先生といえば英語がお好きなイメージですが、先生は英語がお好きでしたか?

いいえ、実は中高の頃、英語は苦手科目でした。
なので私が今英語の先生をしていると中高の同級生が知ったらびっくりすると思います。
バイト時代に、海外からの旅行客を接客する機会があり、そこから「留学したい!」という気持ちが大きくなって、気づいたら英語が好きになっていました。
自分が英語が苦手だったからこそ、子供達にはより一層苦手意識を持たないで英語を使ったイベントを通して英語を勉強してもらっています。
イベントの中で、教室で一番大きいイベントはハロウィンとクリスマスですね。

あとちょっと珍しいのですが、パジャマデーは子供達に大人気です。この日は私も含めて全員パジャマでレッスンをします。子供達はお気に入りのぬいぐるみや枕などを1つ持参してよいので、部屋でゴロゴロしながらリラックスした雰囲気で勉強をするので、この日を1年で一番楽しみにしている子も多いです。

Q4.BANDではどんな連絡をされていますか?

教室の全ての情報はBANDを見れば誰でもわかるように、かなり細かくBANDで連絡をしています。
教室全体のBandとクラスごとのBandを運営しているので、2つを上手く使い分けるようにしています。

全体Bandでは、教室全体のスケジュール共有や忘れ物のお知らせ、また年間スケジュールや今年度の資料、イベントの写真をアルバムに保管しています。
全体Bandのカレンダーでは、教室のイベントや英検などの試験日の日程に紐づけして、持ち物などの詳細を写真や地図を添付してひとつにまとめて共有しています。

クラスBandでは主にレッスン内容や宿題や復習内容などを授業開始前、授業終了後に共有しています。

さらにイベントの『出欠確認』や、振替日の日程調整を『投票』で行って希望を取ったり、ワンデイイベントを『参加者募集』で時間帯別に募集したり、BANDの機能は隅から隅まで使いこなしています。

特に毎月様々な連絡事項があるので、必要な情報だけすぐに検索できるように、便利なハッシュタグの検索機能はお気に入りです。

Q5.教室運営でのモットーはありますか?

英会話教室ならでは、というよりも私の教室では配布資料は年度毎にアルバムにスキャンして保存をしているので、基本的に保護者の方から何か質問をされても「BANDに全部入っています~!」というスタンスで確認をしていただています。
これってすごいペーパーレスな感じで、プリントとかもだいぶ減りましたね。
携帯を見たら欲しい情報がすぐ見つかる!ってとても便利だなと思っていますし、実際にそのような声も保護者の方から頂きます。

私専用のBandには、生徒たちの誕生日を登録してアラーム設定をしています。毎年バースデーカードを手書きで渡しているのですが、60人くらいは生徒さんがいるので「あ、あの子の誕生日…」なんてど忘れする心配もなくなりました。

こうやって保護者の方とのコミュニケーションを増やすことは、大変ではありますが、生徒さんには楽しく英語に触れてもらいたいですし、そんなお子さんの成長を保護者の方にも見守っていただきたいという思いで毎日授業をしています!