「心を掴んで離さない!」内定者フォローの裏ワザとは?

Posted by

『10月1日ってなんの日?』
メガネの日、土地の日、醤油の日などありますが、1番有名なのは・・・

そう!内定式の日です!

そんな10月1日も近づいてきて、会社の人事部で働く皆さんは忙しいのではないでしょうか。
また、最近は内定式からの辞退率も高く、ここから入社日までより深く会社を知ってもらって、定期的に連絡・フォローすることが必要不可欠!

でも、メールだと就活終わったら全然確認していなかったり、プライベートのツールで繋がるのはちょっと負担に感じたり、と困っている方も多いようです。

「内定者フォローどうすればいいの?」という皆さん、ご安心ください!

内定者の心をバッチリ掴んで、より距離が近づく☆
BANDを使いながら、そんな理想的な内定者フォローを行っている某外食チェーン企業の人事部の方にお話伺ってきました!

●●●

ー こんにちは!簡単に自己紹介お願いします。

わたしは外食チェーン企業の人事部で主に新卒を担当しています。内定者とのコミュニケーションを取るツールとしてBANDを利用しています。BANDを使って会社に関する様々な情報を伝え、全体はもちろん、個人的にもフォローをしながら内定者を支えています。

ー 突然ですが、人事部ってどんな仕事をするんですか?

名前の通り、会社の『人』に関する仕事をしています。会社の皆さんが適材適所でベストなパフォーマンスを出せるよう、人が足りないところにはちゃんと補充してあげれるよう、常に社内はもちろん、社外にも目を向けて、情報を集めたり色々な施策を立てる部署です。

社内の部署異動などももちろんですが、やっぱりメインは採用関連ですかね。特に新卒採用の場合は、特にいろんな会社を受けていく中での1社なので、しっかり会社のことを知ってもらって「この会社に行きたい!」と思ってもらえるよう、学生との距離を縮めながらコミュニケーションを取っています。内定後も常に情報を発信しながら、入社前にもっと会社のことを知ってもらえるように心がけています。

ー 内定者とコミュニケーションを取る上で難しい部分ってありますか?

やっぱりどうやってコミュニケーションを取るかというのが難しいですね。メールだと就職活動が終わるとあまり確認しなくなる方も多いですし、プライベートで使っているツールで繋がるのは学生もちょっと気まずかったりするじゃないですか。やっぱり人事から内定者への連絡って絶対に確認してほしい内容なので、しっかり伝わってくれないと困る。なので「外部ツールを使いたい」という声はよく聞くのですが、実際に外部ツールを導入している会社さんって思ったより少ないんです。

そこで、私たちはBANDを使ってコミュニケーションを取っています。プライベートで使っているツールにも似ているので受け入れやすく、何よりアプリなのでスマホに通知が来るので、内定者の皆さんも確認しやすいようです。

ー なるほど。内定者とは具体的にどんなコミュニケーションを取っているのですか?

内定後は「より会社を知ってもらう」ことがメインになってくるので、人事部のメンバーが社内での出来事などを投稿するようにしています。出張や研修の内容を紹介したり、会社のことが外部の媒体に掲載された場合も共有しています。会社を知ってもらう理由は何より入社した後の生活を知ってもらって、内定者の不安を解消することだと思っています。

弊社は外食チェーン企業なので、内定者の皆さんはちゃんと休みが取れるのかが1番の不安。そこでお休みをとって旅行に行ったりすると、休暇のことも紹介するようにしています。実際に働いている人が楽しそうにお休みもしっかり取れているのを見ると皆さも安心するようです。

ー 入社後の自分を想像するのにぴったりですね!他にはどんなコミュニケーションがありますか?

あとは月に1回行われる懇親会の案内と出欠確認ですね。人事部で予定が決まると、BANDを通して案内をしています。1日に数回懇親会が開かれるので、まとめるのが大変だったのですが、投票を使ってアンケートを取ることで、各回何人が参加するのか、誰が参加するのかを確認できるのでとても便利です。

1:1の連絡はトークを使っていて、内定者の皆さんからの相談に乗っています。逆に不安そうな内定者がいる場合は、こちらからトークをして面談の日程を別途設けたりもしており、全体への連絡だけでなく、個別での対応もBANDできるので、重宝しています。

また、内定者に自己紹介をしてもらったり、人事からお知らせや出張中の過ごし方なども投稿しているのですが、投稿に個性が出るのも面白いですね。やっぱりメールだとどうしても形式ばってしまい、うまくコミュニケーション取れないのですが、BANDだと投稿なので、それぞれのカラーが出ていて人間味があるので、内定者の皆さんからも好評です。

色んな報告をBANDで行なっているので、実際に入社してからもそれぞれの店舗や部署での出来事などを自発的に投稿してくれていて、入社前だけでなく、入社後もお互いの励みになっています。

ー 最後になりますが、BANDで内定者フォローをするメリットってなんですか?

やっぱり全体へのお知らせはもちろん、個別での連絡も1つのアプリでできるところはとても助かっています。ツールがばらけるとどうしてもフォローしきれない部分が出てくるので、1つのツールで一括管理できるというのは人事にとっても内定者にとっても嬉しいですよね。

あとはグループから退会しても退会表示がされないという点。どうしても誰かが抜けると、残ったメンバーも不安になったり入社へのテンションが下がってきてしまうんですよね。その点、BANDは表示されないので、入社前のモチベーションを落とすことなくキープすることができます。

会社を知ってもらいながら入社を楽しみに待つことができる、コミュニケーションをとりながらお互いに楽しくなれる、BANDは人事にとっても内定者にとってもプラスしかないと思います。内定者フォローにはぴったりなツールですね!

ー ありがとうございました!

●●●

内定者の不安を打ち消すには、会社のことはもちろんですが、入社後の生活や仕事内容など気になる部分はたくさんあるかと思います。

だからこそ!BANDを通して、気軽なコンテンツ感覚で内定者の皆さんに『これからのこと』話してみませんか?

内定式があって、本格的に内定者フォローが始まる今、ぜひBANDを使って内定者とより距離を縮めてみてください!